大阪で当たる占い「山倭厭魏」
陰陽道

無料占い

五行説/相生説/相剋説

五行説

五行説は空間と時間の双方を表す概念です。 五行の「行」は、廻るという意味でとらえて下さい。 つまり、五行の五つの元素(木・火・土・金・水)が地球上全てのものを巡回させ存在するという考え方の上に成り立つ学説です。 太陽は「陽」として東。月は「陰」として西を正位置とし、星は中央となります。

地上には、五元素「木・火・土・金・水」五原色「青・赤・黄・白・黒」五季節「春・夏・土用・秋・冬」、北斗、南斗両星座の位置から、五方位「東・南・中央・西・北」が配されました。 これらが廻りながら相互に影響しあうことによって森羅万象が存在するという考え方です。
五行説では、それぞれの元素が、どのように廻り干渉していくのかの説明が不十分であり、これらを説明する理論が五行の相生説・相剋説です。



相生説

相生説は、五行が対立することなく、成長、発展していく様を説明する理論として生み出されたものです。 木が生長することによって始まり、木が擦れあい摩擦を生じることにより火が生じ、火が生じたことにより、木が燃え尽きて灰になり土を生じる。 土中には金、銀、銅等の鉄類を生じ、金気は水を生じる。
即ち、金ある所には結露し水が生まれるのです。 水が生じれば、水は全ての命の源であり、水の養分から再び木が生じる。 このように、幾度も輪廻していく中で全てのものが成長し発展していくという説です。

相剋説

相剋説は、五行同士がお互いに対立し、消滅していくことも自然の理であるとする理論です。

木は土中の栄養を奪い生長し、土は水の流れをせき止め、水は火を消火し、火は金を溶かし、金は木を切り倒す。 このように、幾度も輪廻していく中で全てのものを消滅関係にしていくという説です。



陰陽道五性占術とは 陰陽道 陰陽説 五行説/相生説/相剋説 陰陽五行説 陰陽道と易占術 
  姓名から見える格と五性 木性 火性 土性 金性 水性 
ビジネスにおける姓名分析活用法
 相生関係と相剋関係 霊符解説

トップページ
プロフィール
活動・メディア・書籍
陰陽道五性占術
├ 陰陽道五性占術とは
├ 陰陽道
├ 陰陽説
├ 五行説と相生説
├ 陰陽五行説
├ 陰陽道と易占術
├ 姓名から見える格と五性
├ 木性
├ 火性
├ 土性
├ 金性
├ 水性
├ ビジネスの姓名分析活用法
├ 相生関係と相剋関係
└ 霊符解説
陰陽道五性占術「倭会」

サイトマップ
お問合せ窓口


Copyright (C) 2013 大阪で当たる占い「山倭厭魏」. All Rights Reserved.