大阪で当たる占い「山倭厭魏」
陰陽道

無料占い


姓名から見えてくる、五性別表の顔と裏の顔 格と五性の意味.

まず、姓名の「格」 が表す意味について簡単にまとめてみましょう。
以下の五つの格の うち「総連格」「副運格」は、その人がもって生まれた個人の性質を表します。あとの「霊運格」 「継運格」 「仁運格」 は、その人が人生で置かれる環境を表しています。



【総運格】  
その人の人生についての総体的な運気を表します。同時にその人についてのあらゆる事柄を判断する上での基本となります。主に社会的側面、外的側面を表します。

【副連絡】 
人生の中でも、とくに裏の部分や家庭人としての側面、対人関係を表します。

【霊運格】 
生まれたときから成人までの運気を表します。自分と親や祖先との関わりがわかります。

【継運格】 
成人してから四十歳くらいまでの前半生を表します。自分個人の運気は、この継適格が示す時代から始まるといえます。

【亡運格】 
およそ四十歳から定年退職するくらいまでの後半生を表します。その人の人生の中で非常に 重要な時期であり、重要な運気です。すなわち前半生の運気をそのまま継続するのか、それとも前半生を断ち切って新しい出発を図るのか。人生のターニングポイントとなる部分の運気です。

表向きの顔は「総運格」、内面は「副運格」

これら五つのうち、ビジネスにおける人物分析では「総連格」「副運格」「継運格」の三つを主に使います。
中でも、一生を司る力の強い性格や性質を表すのが「総運格」と「副運格」です。ほとんどの人は二面性を持っています。その二面的性格がこの二つの格に表れているのです。 この二つの性質がどう表面に出てくるかは個人によって違いますが、一般的には、対外的な面を総連格が、内面的な面を副運格が表している場合が多いようです。  

ある人の総連格や副運格が、五行説の五性にあてはめるとどんな性質であるかを知るには、 字画数の末尾 (一の位) の数字を見ます。そしてこの数字が、五性のどれに相当するかを調べます (表「数と五性」参照)。たとえば総連格が35の場合、末尾は5ですから「土性5系統」に分類されます。


表「数と五性」

1・2 3・4 5・6 7・8 9・0


「木・火・土・金・水」の五性が持つ性質と意味

五性それぞれの性質を「総運格」「副運格」に当てはめると、その人のおおまかな性質をうか がい知ることができます。これをその人物の「傾向」といいます。  
ある人について「こういう人物なのだろう」と思っていたところ、「自宅やプライベートな場 面ではまるで別人のようだった」という経験をしたことはありませんか。むしろ、時と場合に よって違う側面を見せる人のほうが多いかもしれません。それはひとりの人物の中に、総運格・副運格で示される二つの面が同居しているからなのです。  

では「木・火・土・金・水」という五性のそれぞれは、どのような性質や意味を持っているのでしょう。以下に簡単にまとめてみました。また同じ性でも陰と陽の二つの「系統」があります。末尾の数字のことで、これが奇数なら 陽、偶数なら陰と考えられます。系統がどちらであるかによって性質も異なります。  

それぞれの「性」につきまして、悪い面が頭に残る方も少なくありません。しかし、悪い面 を克服することによって、さらに良くなることを覚えておいて下さい。



陰陽道五性占術とは 陰陽道 陰陽説 五行説/相生説/相剋説 陰陽五行説 陰陽道と易占術 
  姓名から見える格と五性 木性 火性 土性 金性 水性 
ビジネスにおける姓名分析活用法
 相生関係と相剋関係 霊符解説

トップページ
プロフィール
活動・メディア・書籍
陰陽道五性占術
├ 陰陽道五性占術とは
├ 陰陽道
├ 陰陽説
├ 五行説と相生説
├ 陰陽五行説
├ 陰陽道と易占術
├ 姓名から見える格と五性
├ 木性
├ 火性
├ 土性
├ 金性
├ 水性
├ ビジネスの姓名分析活用法
├ 相生関係と相剋関係
└ 霊符解説
陰陽道五性占術「倭会」

サイトマップ
お問合せ窓口


Copyright (C) 2013 大阪で当たる占い「山倭厭魏」. All Rights Reserved.