大阪で当たる占い「山倭厭魏」
陰陽道

無料占い

陰陽道

陰陽道の起源はとても古く、紀元前二千年の中国にまでさかのぼります。
史実からみれば、紀元前千六百年頃の殷墟から干支(カンシ)が刻まれた甲骨文字が出土しており、この頃には既に、陰陽道的思想によって占ったり政治や時事を行っていたと考えられています。

周王朝、紀元前千百年頃には、このような研究をまとめ、本にした「易経」というものが編纂されています。 その後、様々な易、統計学が発達、発展、又淘汰され、その理論が洗練されていきました。

中国戦国時代(紀元前七百七十年〜前二百二十一年)に入り、この頃の思想家によって「相剋説」が打ち出されました。そして前漢時代(紀元前二百二年〜前八年)には、儒家によって「相生説」がとなえられました。 これらは、陰陽道の基本理論としてその後発展してまいります。

隋(五百八十九年〜六百十八年)の時代にこれまでの陰陽道の考え方を集大成し理論的に完成させた「五行大儀」(陰陽道基本文献)もこの時代に作られたとされています。



日本では、奈良の遺跡から、陰陽五行の四色の勾玉(マガタマ)が出土しております。 このことにより、弥生人が古代中国の陰陽五行説の影響を受けていたと推察されます。 その後、文献的に確認されるのは「日本書紀」(七百二十年)の記述に朝鮮半島を経由して伝来したことが伝えられています。

天武朝の頃になると、律令体制の整備とともに、陰陽道は国家体制に組み込まれ、厳重な管理下におかれ「陰陽寮」という役所が置かれます。 その陰陽寮という機関が中心となり、暦、天文、年間行事、吉凶を判別する専門機関として、陰陽道の実践や細分化・再体系化が進みました。

当時は、陰陽寮に携わる者意外がこの道を学ぶこと、技能を用いることを固く禁じ、衆人から陰陽道を隔離しました。 よって当事者の陰陽師達は、時の政治権力者の支配体制に取り込まれ、時の権力者の意向に沿うかたちで、この頃から様々な占法が展開されています。 当時は陰陽師の他に、呪禁師、宿曜師等、異界を語る者が多く存在し、それらがそれぞれに影響しあうことにより、異形の世界が頻繁に乱用される独特な社会が形成されていきました。

今日の陰陽道のイメージは、この時代の背景が多分に含まれています。 鎌倉時代には、歴代の将軍は京より陰陽師を呼び、政権の安定を図る事柄を陰陽師に担わせました。 陰陽道は政権を守護し、存続させる為の霊的な存在としての役割を果たすようになります。

それ以降の陰陽道については、民間宗教的な傾向となるものや、社会体制を守護するための祭祀を行うもの等、様々な分派を繰り返し、今日に至っています。

また、各時代を通じて、神道、仏教等様々な宗教とも融合を繰り返しており、特に陰陽道の中に存在する呪術、儀式は、道教の影響を多分に含んでいます。 よって、これらの呪術や融合的宗教概念を廃し、理論構成したものが、陰陽道の哲学ということになります。



陰陽道五性占術とは 陰陽道 陰陽説 五行説/相生説/相剋説 陰陽五行説 陰陽道と易占術 
  姓名から見える格と五性 木性 火性 土性 金性 水性 
ビジネスにおける姓名分析活用法
 相生関係と相剋関係 霊符解説

トップページ
プロフィール
活動・メディア・書籍
陰陽道五性占術
├ 陰陽道五性占術とは
├ 陰陽道
├ 陰陽説
├ 五行説と相生説
├ 陰陽五行説
├ 陰陽道と易占術
├ 姓名から見える格と五性
├ 木性
├ 火性
├ 土性
├ 金性
├ 水性
├ ビジネスの姓名分析活用法
├ 相生関係と相剋関係
└ 霊符解説
陰陽道五性占術「倭会」

サイトマップ
お問合せ窓口


Copyright (C) 2013 大阪で当たる占い「山倭厭魏」. All Rights Reserved.