大阪で当たる占い「山倭厭魏」
陰陽道

無料占い

陰陽説

陰陽説は、万物を二元論的に物事を区別する概念で、能動的、攻撃的、前進的状態に傾いているものを「陽」とし、受動的、防衛的、後進的状態に傾いているものを「陰」とし、これらが融合し、また循環することで万物の生成、消滅といった変化が発生するという説です。

古代中国では、天地の未だ明らかでない時に大始があり、大始は宇宙を生じ、その宇宙から気が生じ、その気の清なるものが天(陽)となり、濁たるものが地(陰)になり、その天の気と地の気が上昇し、又下降し、流動して万物を生じるのだと考えられていました。


このニ気の消長と循環によって万物の状態や物事を理解し、その統計に基づいて未来の予想を行うことに発展しました。 また、陰と陽のニ気が、森羅万象の変化に関するものならば、当然人間の行動や社会の動向にも影響を及ぼす訳であり、自然、人間、社会といった諸現象を幅広く説明するように発展していきます。

ただし、陰陽説を理解する上で大切なことは、万物はそれが置かれている状況によって、陰であってもあるときは陽として現われ、陽であってもある時は陰となって現れるのだということです。 つまり、陽は陰を含み、陰は陽を含んでいるということであります。

陰陽は絶対的なものではなく、時や場所によっては、反対のものへ転じることもあるのです。 例えば、真夏の太陽の下ではロウソクは「陰」の要素ですが、真冬の真夜中では「陽」の要素となります。

そして、陰と陽は、完全に相反する性質を持つが、元来が同一であるかのごとく、互いに従来しあいます。一方では、性質が異なるが故に、互いに引き合うことにもなります。 よって、物事を固定的に考えるのではなく、そのものの置かれている状況や特質をよく見極めることが重要です。


陰陽道五性占術とは 陰陽道 陰陽説 五行説/相生説/相剋説 陰陽五行説 陰陽道と易占術 
  姓名から見える格と五性 木性 火性 土性 金性 水性 
ビジネスにおける姓名分析活用法
 相生関係と相剋関係 霊符解説

トップページ
プロフィール
活動・メディア・書籍
陰陽道五性占術
├ 陰陽道五性占術とは
├ 陰陽道
├ 陰陽説
├ 五行説と相生説
├ 陰陽五行説
├ 陰陽道と易占術
├ 姓名から見える格と五性
├ 木性
├ 火性
├ 土性
├ 金性
├ 水性
├ ビジネスの姓名分析活用法
├ 相生関係と相剋関係
└ 霊符解説
陰陽道五性占術「倭会」

サイトマップ
お問合せ窓口


Copyright (C) 2013 大阪で当たる占い「山倭厭魏」. All Rights Reserved.