大阪で当たる占い「山倭厭魏」
陰陽道

無料占い

相生関係と相剋関係

「木・火・土・金・水」の五性は互いにどう影響を及ぼし合っているのでしょうか。  
五性がそれぞれの性質を発揮し、互いの性膏を生かし合いながら、自然の秩序を保っているとき、この関係を陰陽道では「相生」といいます。そして、この相生関係により 五性の相互関係を説明する理論を相生説といいます。  
これとは逆に、五性のうちのある特質を、別の特質が低下させたり消滅させたりする関係を「相剋」といいます。そして欄剋をもって五性の相互関係を説明する理論を相剋 説といいます。  

五つの性のうちどれかが強くなりすぎると、自然はそれに耐え切れず、大雨や洪水、 噴火、地震、異常気象などにより、その性質を打ち消して正常な状態に戻ろうとします。 山火事のあと雨が降って火を消し、地表の温度を下げるといった現象は、相剋関係の一例といえるでしょう。



ここで五性による相生と相剋の関係を、図とともに説明してみましょう。


相生関係

五性を相生説で表すと、「木生火」「火生土」 「土生金」「金生水」「水生木」という表現になり ます。

すなわち、「木」と木がこすれ合って熱を持つことで「火」が生じ、その火が燃えて灰になり 「土」に帰る。土の中から鉱物、つまり「金」属が生じ、金属の表面には結露して「水」が生じる、 そして水を養分として「木」か育つという聞係です。ごく普通の当たり前のような関係ですが、こ の自然の摂理が森羅万象の流れの基本なのです。

このように、五性がめぐりめぐっていきながら、 順に相手を生し、互いに成長・発展していくとい う説が相生説です。

相剋関係

五性を相剋説で表すと、「木剋土」 「土剋水」 「水剋火」「火剋金」「金剋木」という表現になり ます。

相剋説は相生説とはおおよそ逆の考え方です すなわち「木」は「土」中の養分を奪い、「土」 は「水」の流れをせき止める。「水」は「火」を 消し、「火」は 「金」属を溶かす。そしてできた刃物は「木」を切り倒します。

このように、五性かめぐりめぐっていく中で互いに対立し、消滅していくという考え方が相剋説です。


以上のように五性はそれそれ特有の個性を持っており、互いに閲係し合っています。  
世の中の森羅万象は五行がめぐるごとく、生まれ、成長し、変化し、衰退して、また生 まれるという循濃を繰り返します。 生食全体がこれら五性によって成り立つのなら、人間も例外ではありません、人間は 自然界の一部であり、人間ひと聖人にも自然界同様、五性が備わっています。そして人生にも五行が深号関わっているのでず。  

ただし人間においては、五性が五つともバランスよく作用しているわけではありません「火」性がとくに強く表れている人もいれば、「金」性がほとんど表面化していない人など、個人によって五性の作用はまちまちです。また、同じ一人の人間であっても環境や感情等によって、普段と違う性質が内面から 表れるなど、作用のしかたは複雑です。  

人間は、他の動物とは遠い、感情の生き物です。自然界の摂理も複雑ですが、人間個 人は、それ以上に複雑です。統計や理論だけでは、語り尽くせないものが、そこに存在するからです。

もし、何かの法則のように、先がわかってしまえば、人間としての楽しさ、喜びは半減するのかもしれません。



陰陽道五性占術とは 陰陽道 陰陽説 五行説/相生説/相剋説 陰陽五行説 陰陽道と易占術 
  姓名から見える格と五性 木性 火性 土性 金性 水性 
ビジネスにおける姓名分析活用法
 相生関係と相剋関係 霊符解説

トップページ
プロフィール
活動・メディア・書籍
陰陽道五性占術
├ 陰陽道五性占術とは
├ 陰陽道
├ 陰陽説
├ 五行説と相生説
├ 陰陽五行説
├ 陰陽道と易占術
├ 姓名から見える格と五性
├ 木性
├ 火性
├ 土性
├ 金性
├ 水性
├ ビジネスの姓名分析活用法
├ 相生関係と相剋関係
└ 霊符解説
陰陽道五性占術「倭会」

サイトマップ
お問合せ窓口


Copyright (C) 2013 大阪で当たる占い「山倭厭魏」. All Rights Reserved.